« スポーツネタで棚からひとつかみ邦楽編 / 山下達郎サンデー・ソングブック | トップページ | 喜び“伝染るんです” / 岩手日報 »

2006年6月21日 (水)

悲しきRADIO

この前、サンソンの中で達郎が怒ってました。
何に怒ってたかというと、竹中平蔵さんの
「通信・放送の在り方に関する懇談会」の報告書です。
この中でNHKのチャンネル数削減問題があるんですが、
FMも削減の対象になってるんですよね。

達郎は「このメンバーは普段ラジオを聴いてるとは思えない」
って言ってましたねえ~。
世界の民俗音楽だったり、日本の三曲だったり、
コマーシャルに乗らない音楽は、もう放送されなくなるって
危惧していました。
民放のラジオ番組で、堂々とNHK-FMの存在意義を
語る達郎は立派だと思いましたね。

俺も「サウンドストリート」とか聴いてましたからね。
今のNHKはハイビジョンとかも合わせて
8チャンネルもあるそうで、確かに多いと思います。
でもねえ~、何もFMを減らさなくてもねえ~。
俺自身、めちゃめちゃディープなリスナーってわけじゃないですが、
いい放送してるんだから、その辺、ちゃんと見て…
じゃなくて、聴いてほしいですよねえ~。竹中さん!

|

« スポーツネタで棚からひとつかみ邦楽編 / 山下達郎サンデー・ソングブック | トップページ | 喜び“伝染るんです” / 岩手日報 »

コメント

私も、NHK-FMはそんなに聴きませんけど…。
でも、結構いい番組やってるんですよね。
SOSが発売された年も麗蘭の特集2時間以上も組んでくれましたしね。
基本的には中学生から「ラジオっ子」な私、ただでさえFMの局数が少ない!と思っているのに、これ以上減らさないで~!!って感じです。

投稿: ayako | 2006年6月21日 (水) 21時58分

そうですどうもです。私も前にその話聞いてちょっと憤慨しました。
といっても私もあまり聞かないので何を言うことも力無しなのですが、やっぱり災害とかあったときに一番聞くのはNHKなんですよね。
数年前に私の実家で大地震があり少しの時間だけれどテレビ電気無いところでラジオには本当に心が救われたと言っていました。
確かにその内容は…ってのもあるかもしれませんが少なくとも聞いている人を対象にして考えて欲しいですね。
聞かない人がどうこう言う前に一度聞いてみてから判断して欲しいものです。

投稿: poppo | 2006年6月21日 (水) 23時54分

そんな話があるんだ、知らなかったなあ~。確かにNHK FMはコマーシャルじゃない音楽を流したりとか、他局にはない良さがあります。僕はそもそも公共放送ってのは視聴率に捉われずにそういうものをどんどん流すべきだと思ってるんですけどね。だって、そうじゃなかったらNHKと民放の違いがなくなっちゃうよね…。

投稿: Y.HAGA | 2006年6月22日 (木) 10時04分

★ayakoさん、poppoさん、HAGAさん

コメントどーもです。
そうなんですよ…どうなってるんですかねえ~。
達郎の話しだと全国の厚生年金会館とかも
存続の危機らしいですよ。
そりゃあ、NHKにしろ、厚生年金基金にしろ、
問題はたくさんあると思いますよ。
でもねえ~、削減するとこが違うだろっ!
…って思いますよねえ~。

投稿: RE2O | 2006年6月22日 (木) 22時41分

この記事へのコメントは終了しました。

« スポーツネタで棚からひとつかみ邦楽編 / 山下達郎サンデー・ソングブック | トップページ | 喜び“伝染るんです” / 岩手日報 »