« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月25日 (火)

CHABO BAND LIVE 1998 / CHABO BAND

Lr0003_1  いやあ~…すげえアルバムと出逢ってしまいましたっ!

「何言ってんだよ。あんたはCHABO好きだから、CHABOのは何でもいいって言うくせに」…なあ~んて言われちゃいそうですが…マジですげえアルバムですっ!

////////////////////////////////

CHABO LIVE Selection Official Bootleg
【CHABO BAND LIVE1998】

7月31日 UP&Down.com通販限定発売!!
ご要望に答え、待望のライブ盤が遂に発売!
1998年新宿パワーステーションで行われた「SWEET HOME SHINJUKU」GIG
3ケ月6公演の中から仲井戸麗市本人による渾身の選曲。

////////////////////////////////

というニュースを見て、迷わず注文しました。
なかなか、CHABOの新曲って聴けませんから、楽しみでした。
でもねえ~…心の中では、俺が今一番聴きたいのは…
今の…今この瞬間の…今この瞬間を歌う…
そんなCHABOの“今”なんだ…
98年のライブか…98年の俺に聴かせたいよ…
そんな風にも感じたりしてました。

でもねえ~…いやあ~すげえアルバムですっ!
なんだろ…Official Bootleg だからなのもあるのかなあ…
この“ザラつき感”…あのね…凄い“生”なんですよ。
昨日今日と通勤の車の中で轟音で聴いたんだけど、
もう…完全にヤラれましたっ!

はじめて聴く曲もあれば、懐かしい曲もあり、
この頃この曲は新曲だったんだ…そんな曲もありました。
でもね…どの曲も…何ていうのかな…
ほんと…今、自分がライブ会場にいて出逢ったような…
そんな魂の揺さぶられ方でしたよ。
あ~うまく言えない…(苦笑)

俺が何でCHABOに魂を奪われたのか…
俺が何で未だにCHABOを聴き続けてるのか…
そんなことを思い出させてくれるアルバムですよ。
そんなことを確認させてくれるアルバムですよ。
「My R&R」で…高まりはピークを越えちゃいました。

個別に感想とかも書けば書けるんだけど…
今は…とにかく…魂を揺さぶられたアルバムだと…
それだけを書いておきたくて。
UP&Down.comの回し者ではありませんが、
すべてのロックファンに聴いてほしいなあ~。
来月の「SOLO LIVE」も凄そうだな…(笑)

http://www.up-down.com/020chabo/02150news/hotnews.html#RELEASE

| | コメント (5)

2006年7月19日 (水)

スケッチ nakata net Cafe 青山

P7160061_1 P7160057

P7160059

P7160058 P7160060

リクオのライブの前に、nakata nat Cafe に立ち寄りました。
この日の午後5時でcafeはclose。
俺が立ち寄ったのが、午後4時45分。
店の中には入れませんでしたが、たくさんの人で溢れていました。

中田へのメッセージが書き込まれた巨大な「7」のフラッグ…
清志郎ファンでもないヤツが清志郎を語るのがヤなくせに、
自分もそれほどのサッカーファンじゃないんですが…(苦笑)
中田の引退って…いろんなこと感じちゃいましたよねえ~。

男の引き際。
俺はああいう見事な引きっぷりはできねえなあ~。
ジタバタもがいたり、ウジウジ考えたりしながら、
やめられないタイプの気がする~(苦笑)
引き際を考える前に、自分の仕事をしなくてはっ!

ヒデっ!おつかれさまでしたっ!

| | コメント (2)

2006年7月17日 (月)

リクオ セツナグルーブ2006 / 2006.7.16(日)青山・月見ル君想フ

P7160063_2 夜行バスに揺られて再度上陸しました。青山「月見ル君想フ」。
2ヶ月前にこの場所で、初クレフィン、初リクオを体験して、
我ながら驚くほどすっかはまってしまいましたっ!
新譜の「セツナウタ」が、あまりもよかったのと、
今回のライブがレコーディングメンバーでのスペシャルということで、
思い切って夜行バスに飛び乗った次第です。

月見ル君想フ」…すごく気に入っております。
お料理もおいしそうなんですよねえ~。
なかなかライブじゃないと青山なんて足を踏み入れませんが、
今度、ぜひ食事に行きたいと思っております。

ステージにはヤマハのグランドピアノとパーカッション、
弦楽四重奏のみなさんの譜面台が所狭しと置かれてあります。
ここにみんな立てるのかな…(笑)
リクオとパーカッションの朝倉さんの二人でスタート。
おなじみのナンバーがメドレーで繰り広げられました。
おなじみのナンバー…2ヶ月前に聴いたときは、
リクオの曲なんてほとんど知らなかったんですが、
2ヶ月ですっかりとおなじみになってしまいました…(笑)
朝倉さんのパーカスもすごくいいですね。
リクオのピアノや声のタッチに、すごく合ってますよねえ~。

そしてチェロの橋本歩さんが登場。3人での演奏。
橋本さんは弘前でのライブで観て以来、俺は今回で2度目。
すごく美人さんなんですが、弘前ではボーイッシュな井出達で、
しかもステージでのジョッキの飲みっぷりの男らしさ(笑)っ!
それが今回はすごくドレッシーで、ステキなお嬢様でした。
なんか…ますます惚れちゃいました…(笑)

歩さんとリクオの二人でも何曲か演奏したんだけど、
弘前でも感じたんですが、ほんと…絶妙ですよね。
「風のイメージ」って曲があるんだけど、
二人の奏でる音が、風のような気がしたなあ~。
リクオも「ピアノとチェロの相性」って話してたけど、
ほんと…二人の音の気持ちよさって言ったら…

弦楽四重奏との演奏も素晴らしかったです。
同じ弦でもギターのライブを圧倒的に観てるんだけど、
いやあ~すごく心地いい時間でしたねえ~。
「Life is Beautiful」では鳥肌が立ちましたよ。
なんか気持ちいいとこにいるような…そんな感じがしました。

この日、特にこころに触れた曲は…
「風のイメージ」かな…ほんと…風に吹かれてるような…
自分も風になっているような…そんな感じでしたね。
「ぬくもり」「永遠の詩」もねえ…たまらなかったですよ…
「シャララ…」って客席でコーラスとった歌…
タイトルはわからないけど、すごく気持ちよかったですねえ。
そして…この場所で聴けた「同じ月を見ている」かな…

そうそう、俺が観た弘前の後で書いたって言う「ハカメキ」。
「はかめく」っていう東北弁…
正確には「はんがめんぐ」…“んが”“んぐ”は鼻濁音です…(笑)
そんな東北弁から、こんな美しい曲が聴けるなんて…
ぜひ桜の季節に聴きたいなあ…
桜じゃない季節に、桜を想像するからいいのかな…

ほんと…リクオっていいわあ~。
しかし、東京だと女子率が高いですよねえ~。
男が聴いても絶対にいいと思うんだけどね。
ほんと…“瞬間”を歌わせたら天下一品ですよ。
また、どこかにふらっと観に行きたいと思います。

最後に。え~青山で再会したみなさんっ!
「え~なんでいるの~?」って、驚かせてしまいましたあ~(笑)
なんか清志郎があんなことになって、俺もそうだけど、
きっと少なからず動揺してたみんなと、この時期に、
最高の音楽を通じて再会できたことをうれしく思います。
GODの引き合わせだね…(笑)
また、どこかのライブで逢いましょうっ!
そして…

おあずけとなった今年の夏のいい日を、
きっと俺達もとり返そうぜっ!

| | コメント (8)

スケッチ 月島 汐留

P7160031 月島初上陸。月島で初もんじゃ。

P7160029 明太もちもんじゃ。使用前。

P7160030 明太もちもんじゃ。できあがり。

P7160032 汐留初上陸。日テレ。

P7160039 公開中の「明日の神話」。

P7160041 約20分待ち。

P7160043 とにかく…でかい…凄いっ!

P7160046 燃える人達…

P7160047 写真ではわかりづらいのですが、
立体的なんですよ…すごい迫力でした…

P7160052 芸術と呼ぶには…あまりに壮絶でした…

今回の上京の目的のひとつが、現在公開中の「明日の神話」。
岡本太郎が万博の「太陽の塔」と並行して
メキシコのホテルに依頼され制作した巨大壁画。
ホテルの倒産で行方不明になり、3年前にボロボロの形で発見、
15ヶ月の歳月をかけて再生されたのがコレです。

糸井さんの連載で知ってはいたのですが、いやあ~凄かったです。
縦5m、横30mの巨大さに、ただただ圧倒されました。
ただデカいだけではなく、その筆遣いの勢い…
原爆が爆発する瞬間…それを描くだけの勢いがありましたね。
8月末まで汐留の日テレで無料で公開中です。

P7160056 ボーナストラック。
円楽師匠と同じ大きさの俺手。(笑)

| | コメント (4)

スケッチ 国立

P7160002_5盛岡からの夜行バスで朝6:30に新宿に着きました
西口バスターミナル~♪

P7160020_3 最終電車(じゃないけど)で
国立に着いたあ~♪

P7160004_6 家の中では~トドみたいでさ~♪

P7160005_4 昼間のパパは~ちょっと違う~♪

P7160013_3 多摩蘭坂を~♪

P7160014_3登りきる手前の~♪

P7160012坂の途中の~♪

P7160016_2生協人…店名に驚くっ!(笑)
ここで働こうかしら…(笑)

というわけで、10年ぶりぐらいで行ってきました。
中央線…国立。
俺のオールドフレンドも住んでる街です。
T-C★DRIVEさんが「多摩蘭坂」に行ったって
書き込みを読んで触発されました。
↑影響されやすい…(苦笑)

多摩蘭坂には石垣がなくなってましたが、
なんとなく…そこの空気を感じましたよ。
国立…俺のよく行く東京とは違う時間が流れた…
そんな気がしました。

早朝にもかかわらず、道先案内してくれた
ロックフレンドeriさんっ!
最上級の感謝 for youっ! youっ! you~っ!

| | コメント (9)

2006年7月15日 (土)

センチメンタル・ジャーニー / 松本伊代

Sv7160 グループ魂のレビューを9割ほど書き上げたとこで、間違って削除してしまい…トホホな気分で気分転換にテレビをつけたら「ミュージックフェア」をやってました。モー娘。やら、つんくカンケイの、普段はまったく見ないコ達が出てて。つまんねえ~なあ~と思ってたら、なんか知ってる曲ばかり。

今日は「女性アイドル特集」ということで、
いわゆるベストテン時代のヒット曲オンパレードでした。
ちゃんと見る気なかったんだけど、
いやあ~見ちゃいました…(笑)
俺がガキの頃のアイドルの曲って、よく出来てたんだなあ~。
松田聖子の「夏の扉」とかカンペキだよなあ~。

そして、この日のサプライズは松本伊代ちゃんでしたっ!
「センチメンタル・ジャーニー」のイントロがかかったんで、
反射的にテレビを凝視したら、なんと伊代ちゃん本人っ!
え~こっぱずかしいんですが、カミングアウトしますと、
私の高1の時のアイドルが伊代ちゃんだったんです…(笑)

今でこそこんなに音漬けな日々を過ごしてる俺ですが、
中学時代まではロックはおろか歌謡曲も
ほとんど聴いてませんでした。
高校に入って歌番組とか見るようになったんですけどね。
で、当時、胸キュンになったのが、伊代ちゃんでした…(笑)

当時は部屋中のポスターが伊代ちゃんでしたもんねえ~。
なんで伊代ちゃんだったのかなあ~(笑)
「センチメンタルジャーニー」は今でも踊れるという…(苦笑)
今でも現役でマイペースで芸能界で生き残ってますからねえ~。
同い年として、うれしく思いますよ。

で、この俺がなんで音漬けにハマっていくのか…
いつか機会があったら連載しますねえ~。
って誰が読むんだ…(苦笑)
そして、飽きやすくて連載続かないだろ…俺…(苦笑)

| | コメント (7)

TMC / グループ魂

Kscl929_2 先週「中村屋」を紹介したんですが、観て下さった方、共感して下さった方(笑)、どーもでした。うちの相方が、たまたま中村さんという知り合いのHPのリンクで見つけてきたんですが、いやあ~一発ではまっちゃいました。マジで腹筋痛いくらい笑いました。そんで、その「中村屋」の出所が、グループ魂の「TMC」というアルバムでした。

グループ魂

名前は以前から聞いたことがあったんですが、
何者か全然知りませんでした。
今、思えば昨年のARABAKI ROCK FEST.にも出てたんですが、
完全にノーマークでした。
清志郎のステージのゲストで、ヒロトや民生と一緒に
クドカンもギターで出たんですが、
当時はグループ魂のメンバーだって知りませんでした。

はじめてグループ魂をちゃんと見たのは昨年の紅白。
紅白で初めてバンドを知るのってオジさんみたいでヤですが…(苦笑)
「君にジュースを買ってあげる」よりも、
審査員の琴欧州に「ブルガリアヨーグルト」って言わせようとする
パフォーマンスをハラハラしながら見たのを覚えてます。

その時も特に琴線に触れたわけじゃないんですが、
「中村屋」がグループ魂の作だと知ってCD探しましたよ。
いやあ~久々に衝撃的なアルバムを聴きました…(笑)
初っ端から笑いましたっ!
コントとパンキッシュな楽曲が全25曲っ!

なんか「スネークマンショー」とか思い出しちゃいましたね。
「中村屋」こと「大江戸コール&レスポンス」が秀逸でしたね。
「韓流」ってのも、めちゃめちゃ笑いましたけど。
いやあ~クドカン…いいもの書くわあ~。
曲はパンクなんで、歌詞が聴き取りづらいのが、
俺的にはちょっと残念でしたが、差し引いても楽しめましたね。
あ~ライブ観てえなあ~。

しかし、グループ魂…
パンクバンドなのか、コミックバンドなのか、
本業なのか、ご愛嬌なのか…
気になるなあ~(笑)

| | コメント (3)

2006年7月14日 (金)

君が僕を知ってる

2big_5

一夜明けて、少し落ち着いたかな…俺…
なんか昨日の昼から、すっげえ~長い時間でした…(苦笑)
一昨日は一緒に野音に行く友達の店に行って
「清志郎とCHABOと耕ちゃんが一緒に出るなんて…」
ってガンガン盛り上ったばかりなんだけどね。

第一報が入ったのは昨日の昼前。
久慈って港町でプライベーツとか呼んで
ガンガンライブ演ってるTHE TRAPの仲間からのメール。
「はあ~?」って感じだったよ。
だって、まだヤフーのトピックスとかにも出てないし、
「ガセだよガセっ!」って思いながら、安心を確認する意味で
「地味変」を見にいったら…直筆のメッセージだもんな…

昨日の昼休みは…なんか…
身内が突然入院したかのようにバタバタしてしまいました…(苦笑)
ジッとしてられないタチなんで、ライブ仲間にメールしたり、
メールが来たり、電話が来たり…
職場の同僚が「なんかマネージャーみたいですね」って…(笑)

身内とか直接の知り合い以外で、こんなに動揺したことって、
齢四十にしてはじめてなんじゃないかな…
この夏の野音のチケットが取れてたからかな…
いや…そんなもんじゃないなあ~…

清志郎や、CHABOや、清志郎がRespectしている人達や、
清志郎をRespectしている人達…彼等の曲が…
自分の中の血になってるんだよな…
なんかね…カラダが自然に反応してるんだよね…
「落ち着け…落ち着け…」ってアタマでは言ってるんだけどね。
なんか…カラダがねえ…反応しちゃうんですよ。

仕事帰りはマイオールドフレンドのわがままさんとイオンで食事。
たまに会ってライブの話しやら、とりとめもない話しするんだけど、
この日は本当に、わがままさんに感謝だよ。
誰かと…ちゃんと清志郎の話しができる人と話しできて、
大分落ち着くことができました…サンキューっ!
って言うか…俺…すごくブルーだったと思うんで…ごめんねえ~(笑)

なんかさあ…昨夜もだったんだけどテレビでさ
「ロックの王様、忌野清志郎さんが…」とか、
「日本のロックを引っ張り続けている忌野清志郎さんが…」とか、
清志郎を聴いたこともないようなコメンテーターが、
そんなニュースを見たり聞いたりするのがイヤだな…
って思ってたんだけどね。

でも、昨日、清志郎を愛する人達の書き込みを
いろんなところで見て…なんかね…安心しました。
あ~俺とおんなじ血だ…って…(笑)
大丈夫だよ…絶対っ!

さて、言葉は言霊っ!
今日も…「大丈夫…」…そう言いながら仕事しよっ!
笑ってないと、やってらんねえ~やっ!
今日は「GRAD ALL OVER」積んで行こっと!

| | コメント (10)

2006年7月13日 (木)

大丈夫…

大丈夫…大丈夫…

昼からずっと呪文のように言ってます。

大丈夫…大丈夫…

絶対に大丈夫だって…

みんなからのお見舞い集めて

きっと遊んでくれるはずだよ…うん。

大丈夫…大丈夫…

言葉は言霊だから…

口に出して言うよ。

絶対、大丈夫だってっ!

絶対にっ!

大丈夫…大丈夫…

| | コメント (4)

2006年7月11日 (火)

COVERS / RC SUCCESION

七夕の船橋「月」でのCHABOのライブ…
なんと全曲カバーだったそうですねえ~。
今年のCHABOのライブって、ファンの想像を
はるかに越えたパフォーマンスのようですね。
俺は、今年、CHABOのソロはまだなんですが…
あ~ソロライブのDVDが待ち遠しい~っ!

| | コメント (6)

2006年7月 5日 (水)

中村屋

いやあ~笑いましたっ!
10回繰り返して見て、10回同じとこで笑いました。

http://blog.livedoor.jp/kemui/nakamura.html

もう1回、見よっとっ!

| | コメント (7)

2006年7月 2日 (日)

来日40周年ビートルズ・スペシャルナイト

Beatlesいやあ~初っ端からやられちゃいましたっ!NHK-BSのビートルズ特番っ!昨夜の清志郎のメンフィス番組を見逃したんで、今夜はしっかり観なくちゃ…そう思ってたら…いやあ~いきなり清志郎とチャボですよ。
何で来るのかな…そう思ってたら…
いきなり…「Girl」ですよっ!

いやあ~チャボの息遣い…しびれましたねえ~。
「Girl」って不思議な肌触りの曲ですよね。
って言うか…ビートルズの曲って、
俺にとってはすごく不思議なタッチなんだけど。
「Girl」ってマイナータッチなんだけど、
決して暗くないんですよね。
適度な湿り気っていうか…(笑)
しかし二人の「Girl」…よかったなあ~。

ムッシュとキンモクセイの「Standing There」も
よかったですねえ~!
ムッシュ…めちゃめちゃかっこいいですよっ!
しかし、ムッシュのTシャツがブライアン・ジョーンズで、
キンモクセイのコがWHOのTシャツには笑いました。

白井貴子は「Oh! Darling」で来ましたねえ~。
カースケ含みのクレイジー・ボーイズ率いてた頃より
いい歌い方になってたなあ~。
「ストーンズも大好きだけど、ビートルズはもっと大好きさ!」
って、かっこよかったてすねえ~。
せっちゃんは「While My Guitar Gently Weeps」でしたね。
弦をからめてのアレンジでした。
久々に観たなあ~動くせっちゃん…新譜買わねば!

そして、清志郎とチャボの「Don't Let Me Down」…
最初に二人で演るって聞いた時、演ると思ったんですが、
いやあ~まさかこんなアプローチとは…
チャボの「グギー」って声が聴こえてきそうなギター…
清志郎のウクレレ…なんか…すごくよかったですよ。

清志郎とチャボのコメントもあったしね。
「日本中がひっくり返るようなことはなかった」って
言ってましたよねえ~。
今年の自分を含めたジーコジャパンへの夢中ぶりからすると、
意外にビートルズの来日より、今のサッカーの方が
全国民的には大ニュースなのかもしれませんよね。

番組全体の構成は、かなり間延びした感があって
いい意味じゃなくNHKっぽかったですけどね。
場違いみたいな泉谷も笑っちゃいましたが…
最後はポールのツアーの「Let It Be」でしたね。
でも、最後は4人の演奏でシメてほしかったなあ~。

| | コメント (6)

GLAD ALL OVER / 山下達郎サンデー・ソングブック

今日もひとり事務所で労働してたんですが、
お楽しみは午後2時からのサンソン。
今日は「棚からひとつかみ」だったんですが、
何だっ!このかっこいいナンバーはっ!

Dc55 「GLAD ALL OVER」でした。
演奏してるのはデイブ・クラーク・ファイブ。
この曲ってビートルズのBBCのライブでカバーしてるのを聴いたことがあるんですが、
オリジナルははじめてでした。

いやあ~めちゃめちゃかっこよかったです!
アルバム探して買おうかな…(笑)

「GLAD ALL OVER」と言えば、
94年の清志郎とチャボと一夜限りの野音の
タイトルですよねえ~。
あれから12年…否が応でも楽しみですっ!

| | コメント (4)

今から間に合う夏フェス / AVANTI

Logo 今度の土日にちょいとイベントがあって、その仕事でこの週末も仕事にでておりました。夕方5時に切り上げて車でリクオでも聴こうと思ったんだけど、「待てよ…土曜の5時…」とエフエムにあわせたら…「いらっしゃいませ」の声。久々に聴きましたっ!
「SUNTORY SATURDAY WAITING BAR“AVANTI”」

「あ…あそこのテーブルでは○○さんが…
ちょっと聞き耳を…」…あの“AVANTI”です。
何年前だろ…偶然この番組キャッチしたんですよ。
洒落てるんだけど鼻につかない会話が楽しくてね。
バーテンのジェイクの片言の日本語も好きでした。
いつの間にかバーテンも代ってましたけど。

達郎のサンソンもそうなんだけど、
毎週欠かさずってわけじゃないけど、
チェックできる時間には決まって聴くプログラムです。
今年も半分過ぎたのに、久々に聴いたなあ~。
この前のサンソンも久々だったし、この半年、
俺は土日に何をしてたんだあ~~~?(笑)

で、昨日の「AVANTI」、何と話題は「夏フェス」っ!
いやあ~この店で夏フェスの話題に花が咲くとは…
最初の頃のフジロックの話しとか凄かったですねえ~。
雨の中、登山道をみんなで降りてったとかね。
ロッキンオンジャパンフェスのできるまでの話しもね。
イベント会場が決まる偶然とか必然とかね。

俺、いわゆる最近の夏フェスって行ったことないんですよ。
でも、昨年からARABAKI ROCK FES.…春フェスですけど、
いやあ~楽しかったですよお~。
昨日の話しを聞いてたら、今年、長時間並んだのも、
オーラスで雨に濡れたのも、
楽しい思い出と感じましたよ。

最近の夏フェスよりずっと前だけど、
俺が20前後の頃は、宮城県南の菅生で
R&Rオリンピックって野外フェスがあったんですよね。
最近、ひとりになった大友康平が言い出したんだよね…
10年ぐらいは続いたんじゃないかな。
俺は2回だけ行きましたが、子供ばんど、ルースターズ、
スライダース、シナロケ…すげえ、楽しかったです。

今年は夏フェス…行けませんが、
来年あたり、行ってみようかな…そう思いましたよ。
さて、AVANTIで夏フェスの話題してるつもりで、
飲んでるつもりで冷えたビール…飲もうかな!

| | コメント (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »