« クリスマス献血をしてきました♪ | トップページ | 父親たちの星条旗 »

2006年12月13日 (水)

硫黄島からの手紙

Ioujima クリスマス献血をした日、オープンしたてのモスビルの盛岡フォーラムで『硫黄島からの手紙』を観てきました。新しい映画館、しかも封切の翌日ということで、ほぼ満席でした。いやあ~…すごい映画ですよ…これは…

俺、劇場で戦場が舞台の映画を観るのって、あまりないんですよね。『太陽の帝国』と『シンドラーのリスト』ぐらいかな。父と祖母が戦時中に東京で空襲から生き延びた話しを聞かされた俺は、“戦争”っていうのが、生理的に受け付けないんですよね。
戦争っていうと、捕虜になって拷問を受けるイメージなんですよ。
意志の弱い俺は、絶対に友達を売っちゃいそうでね。
そんな自分になるのがイヤだから、戦争がイヤだっていう…(苦笑)

俺が感じたのは、戦場の中での日常。
吉本隆明さんが『悪人正機』の中で「戦争ってのは戦ってる時間より
何にもない時間の方が長いんだ」って言ってたんですが、
この映画でも、戦場という特異な中での普通の人間、
普通の時間を、淡々と描いていた気がします。

これって戦争映画っていうより、ヒューマン・ドラマなんだろうなあ…
渡辺謙演ずる栗林中将の振る舞いにも魂をノックされましたが、
二宮和也演ずる西郷っていう下級兵士が…たまらなかったですね。
彼は…ほんと…“普通”のコなんだよねえ~。
立派じゃないし、マジメじゃないし、上官に反抗するほど強くないし、
ずるくもなりきれないし…ほんと…今時のコと変わらないんだよね。
そんな“普通”の人間が、戦場の中でこんな風に息をしてるのか…
そんなことを感じながら、2時間を過ごしました。

さりげないシーンで、心に刻み込まれたシーンは、たくさんあります。
米兵の捕虜をなぶり殺しにする日本兵…
米兵の捕虜を丁重に治療する日本兵…
地下壕の中で手榴弾で自決する日本兵たち…
憲兵の上官に反して戦場に送られた兵士…

俺が一番心に残ってるシーンは、米軍の捕虜になった日本兵が
米兵によって射殺されるシーンです。
米兵を悪く描いてるわけじゃないんですよ…
戦場という日常の中で“たまたま”起こった出来事なんですよ。
アメリカ人が監督をして、こんなシーンがあるなんて意外でしたね。
イーストウッドなりの“フェア”なんじゃないかな…そう思いましたね。

糸井さんが「ほぼ日」で、みんなに観てほしいって書いてました。
俺もそう思いますね。なんかね、普通に観に行ってほしいです。
戦争に反対する人も、憲法を変えようって思ってる人も、みんな…
この映画には、どんな人が観ても、何かを持ち帰れる気がしますね。
持ち帰らなくてもいいや…2時間の中で、何かを感じると思います。

糸井さんじゃないけど、公開してるうちに、もう一回、観ようかな…

|

« クリスマス献血をしてきました♪ | トップページ | 父親たちの星条旗 »

コメント

やぁ。すっかり遅くなったけど、ハッピーバースデー!
「そんな自分になるのがイヤだから、戦争がイヤだっていう」←うん、たしかにオレもそう思う。自分がどう振舞うのか想像できないからヤとかいう方が近いかなぁ…すごく矛盾した、めちゃくちゃなその場しのぎなことを次々しそう…。情けな…
そういえば「憲法九条を世界遺産に」って読んだかい?面白かったよ。

投稿: j1 | 2006年12月13日 (水) 23時44分

私も祖父が戦争に行ってるし、母の実家は田舎の中では割と大きな百姓家だったため、戦時中は兵隊さん達がデカい顔してたくさん寄宿していたりしたんですね。
だから日本兵がどんなことを中国でやってきたか、日本にいた兵隊がどんな態度だったか、普通の人たちがどんな普通でない感覚になっていたのか、よく聞かされてきました。
だから戦争は絶対いやだし、最近だんだん危険な方向に向かってるようで…それもいやです。

あ、話がズレてますね。

この映画、もちろん見るつもりです。見たら感想を言いますね〜。

投稿: 蘭芳 | 2006年12月14日 (木) 01時22分

★j1くん
一足先に41になってしまったよお~(笑)
俺も自分で「情けな…」って気分になるんだけどさあ~。
でも、そんな極限状態をつくりだす磁場はつくりたくないよね。
「憲法九条を世界遺産に」は、まだ読んでないんだよお~。
読まねばと思ってたんで、近々読んでみるね。

★蘭芳さん
俺達って戦争体験者の話しを聞いてきた世代なんだよね。
これからは「戦争を知らない子どもたち」の「子どもたち」の
世代なんだな…って、蘭芳さんのコメント読んで感じましたよ。
ぜひ、スクリーンでこの映画を感じてほしいなあ~。

投稿: RE2O | 2006年12月14日 (木) 06時14分

この映画、すごく話題になってますよね。
私も戦争映画って、敬遠しがちなんですが、
これは別の方からも「絶対観るべき」と強く
勧められています。
重い腰を上げて(苦笑)、観に行こうかな…。

投稿: ayako | 2006年12月14日 (木) 09時19分

★ayakoさん
「観るべき」っていうか、糸井さんの言葉を借りれば、
「観るといい」映画だと思いますよお~。
軽い気持ちでとは言わないけど、普通に観に行くといいですよ。
うん。

投稿: RE2O | 2006年12月14日 (木) 22時16分

この記事へのコメントは終了しました。

« クリスマス献血をしてきました♪ | トップページ | 父親たちの星条旗 »