« スケッチ 盛商優勝パレード | トップページ | 大相撲初場所中日 ゲスト解説・デーモン小暮閣下 »

2007年1月14日 (日)

ピアノへ / 谷川賢作・責任編集

4893092170_3                                                                                                                                  

                                                                                      
                                           
                                           

                                           
                                           
                                           
                                           

                                           

                                           

                                           
                                           
                                           
                                           

                                           

                                           
俺が昨年一番観たライブはリクオだけど、知らない人が多いよね。
この前、ここをチェックしてくれてる友人からこんなメールが来ました。

  いま『ピアノへ』という本を読んでいたらリクオがでてきました。
  『ピアノへは』は10人のピアニストが語ってる本なんだけど、
  山下洋輔やアッコちゃんの次にリクオ登場。
  ちょうどプロフェッサーロングヘアー聞いた直後だったりしてね。
  いつかCD聞かせてね\(^o^)/

というわけで、リクオやクレフィンのCDと『ピアノへ』をトレード。
リクオがピアノマンになったのが、少しわかった気がしますね。
まず笑ったのが、リクオが小5の時にピアノを習った先生が、
芸大の声楽科に通ってた18歳の女子大生っ!(笑)
やっぱり最初の出会いって大切なんですねえ~。

バンドやり始めた話し、坂田明のライブを観た衝撃、
ニューオリンズ・ピアノやヴギウギ・ピアノとの出会いなど、
“リクオのできるまで”を感じられる話しがいっぱいです。
特にも、俺の目が釘付けになったのが、
人前で歌い出し、それまでの仲間から浮き出した頃のくだり。

  ちょうどその頃、たてつづけに聴いたのが、
  早川義夫さんや仲井戸麗市さんのソロ。
  これも個人的なことをモノローグで歌ってた。
  あ、こういう表現もあるのか。
  だったたら俺も、ひとりでやったらいいんじゃないか。
  それからすぐに、弾き語りを始めたんです。

そうかあ~っ!リクオはCHABOのソロに影響を受けたんだあ~っ!
ピアノの話しよりも、俺はそのことに目から鱗だったんですよねえ~。
CHABOの“唄”に漢方のように温められ、夢中になった俺が、
なんで出会ったばかりのリクオにスーっと心魅かれていったのか…
ほんと、この歳になってなんだけど、吸い取り紙が水を吸うように、
リクオの“唄”を吸収したのかがわかったような気がしました。

そうそう、リクオがジェリー・リー・ルイスの真似して、
日清パワステのステージでピアノの上に乗っかって、
スタッフからえらい大目玉をくらった話しも笑えました。
無茶っていうか、ヤンチャっていうか…リクオくんは…(笑)
リクオ以外にも、アッコちゃんや、筋少の三柴理も登場しますよ。

浜省の「愛の世代の前に」や、RCの「ドカドカうるさいR&Rバンド」や、
昔っからピアノの音色って好きだったんだけど、
クレフィンのライブを生で観てから、俺のピアノ観が変わりましたね。
それに輪をかけるような一冊でした…(笑)
ピアノだけじゃなく、音楽好きな方にはオススメの一冊ですよ。

|

« スケッチ 盛商優勝パレード | トップページ | 大相撲初場所中日 ゲスト解説・デーモン小暮閣下 »

コメント

そういうつながりが後でわかったときは、鳥肌ですね☆
私も最初に真心を聞いたとき、不思議とスーッと入ってきて、
あとでYO-KINGさんが拓郎ファンだと知って、妙に納得しました。うれしかったな。
リクオさん、迫力ありますね。FM802のライブなどで出演されているのを聴きました。
たしか、ハナレグミの永積くんと共演していて。

投稿: くりちゃん | 2007年1月14日 (日) 09時42分

坂田さんと言えば、敬愛する方が
「梅津和時さんは いつでもなかなかいい演奏をする、ハズレがないタイプ。
坂田明さんは 今いちなことも結構多いけど
時としてめちゃくちゃすごい神懸り的な演奏をすることがある、アタリがあるタイプ」
と表現されたことがあります(←正確な言い回しではないですよ)。
それ以来、坂田さんのことが気になって見てます。
でも今のところ、神懸り的な演奏にはまだ当たってません。

あ、話はリクオさんのことでしたね。
2月になったら、クレイジー・フィンガーズ見に行きます。
リクオさん、うちの近所のライブハウスによくいらっしゃるんですよ。

考えてみれば私、鍵盤弾きの方のライブを見ることってそんなに多くないです。
アッコちゃんくらいでしょうか。
あ、大江千里さんも見るか(笑)。

投稿: 蘭芳 | 2007年1月14日 (日) 17時42分

★くりちゃん

リクオは清志郎と演ってた頃もあるし、
RCとかに影響受けてるとは思ってたんですけどね。
CHABOのソロをよく聴いてたってのは、妙に納得です。
YO-KINGの拓郎のカバーは本当にリスペクトしてるよね。
リクオは近々関西地方ではテレビ出演するらしいですよっ!
http://www.rikuo.net/

投稿: RE2O | 2007年1月14日 (日) 17時59分

★蘭芳さん

俺、まだ坂田明さんは観てないんですよお~。
PIT INNで観たCHABO×梅津さんも神懸かってましたが…
俺も今年のライブ初めはクレフィンになりそうです。
そうそう、この本とリクオのCDを交換した友達の奥さんが
リクオをはじめて聴いて「大江千里とKANを足して割った感じ」
って言ってたそうですよ。誉め言葉なそうです~(笑)

投稿: RE2O | 2007年1月14日 (日) 18時13分

RE2Oさん、http://www.moment.gr.jp/44/interview.html
は見ました?これまでのリクオの歩みをかなり長尺で掲載したインタビューです。ここでも彼は「仲井戸麗市BOOK」の話をしてますよ。僕はこのインタビュー読んで、改めてリクオに惚れ直しました。2月のクレフィン@月見ルは行けそうにないんだけど、3月のソロ@duoは是非見とかなきゃ、と思ってます。

投稿: Y.HAGA | 2007年1月15日 (月) 10時01分

★HAGAさん

いやあ~はじめて読みましたっ!パート2まで一気読みっ!
なんか、ますますリクオの音楽を聴きたくなっちゃいました。
CHABOのBOOKの世界と、リクオのセツナの世界がリンクするような…
リクオの草の根的な生き方…すごく、共感するなあ~。
3月のソロ@duoも観たいんですが、厳しいなあ~(苦笑)
こっちは「DOWNTOWN DIARY」で疑似体験したいと思いますっ!

投稿: RE2O | 2007年1月15日 (月) 19時31分

この記事へのコメントは終了しました。

« スケッチ 盛商優勝パレード | トップページ | 大相撲初場所中日 ゲスト解説・デーモン小暮閣下 »