« スケッチ 公会堂界隈 | トップページ | スケッチ 小岩井農場の一本桜 »

2007年5月 7日 (月)

音楽のちから ~吉野金次の復帰を願う緊急コンサート

Photo_21日本音楽界の「宝」を救え!
吉野金次の復帰を願う緊急コンサート

2006年8月28日
北沢タウンホール

矢野顕子/細野晴臣&東京シャイネス・オールスターズ/
ゆず/友部正人/大貫妙子/
佐野元春


このライブのことをはじめて知ったのは、友人のブログでした。
吉野金次さんが病気で、その治療費を捻出するライブとのこと。
吉野さん、倒れたんだ…そう思ったけど、ライブにも行けず、
忙しさやら何やらで、ライブがあったことすら忘れていました。
この日のDVDが出るってネットで見ましたが、やはり忘れちゃって…
清志郎が倒れたとかだと、いてもたってもいられなくなるけど、
ミュージシャンじゃないと正直、ショック度が違うんでしょうね…

そんな俺にこのDVDを買わせたのは、誰あろうアッコちゃんっ!(笑)
先日の岩手県公会堂での出前コンサートで、アッコちゃんが
このライブのこと、このDVDのことをMCで話したんですよ。
このライブに関してはアッコちゃん始め出演者は1円たりとも
ギャラを取らず、すべてがチャリティーなんですよねえ~。

このライブ自体もすごいけど、このDVDも完全限定生産なんですよ。
それでもアッコちゃん達の意気に感じた、アマゾンやタワレコは
在庫をたくさん抱えてくれたって、うれしそうに話してましたよ。
某大手取次ぎは、意気に感じてくれなかったっても話してたけど…
何かねえ、そんな話しを聞くと、買わずにはいられずに…(笑)
ライブ当日は持ち合わせがなかったけど、昨日買っちゃいましたよ。

吉野金次さん…もしかしたら、俺が始めて名前を意識した
エンジニアの名前じゃないかなあ~…きっと、そうだよな。
佐野元春の『SOMEDAY』がリリースされた頃かな…
インタビューか雑誌の記事だと思うんですけど、
吉野さんの名前がちょくちょく出てきたんですよねえ~。
ソングライターとミュージシャンとアレンジャーはわかるけど、
エンジニアとディレクターとプロデューサーの違いは
まったくといいほど区別がつかなかった頃、出会った名前です。

いろんなレコードを聴き比べて「これが吉野さんの音だ!」って
わかるほどの耳とセンスは持ち合わせてはいませんが、
『SOMEDAY』の「SOMEDAY」と「R&R TONIGHT」の音に込められた
荒ぶる魂っていうか…ざらつき感っていうか…
そんなのはね…わかる気がするんですよ…俺…
元春と、銀次と、ハートランドと、そして、吉野さんがいなけりゃ
あんな魔法をレコードに刻み込めないってことはね…わかります。

そんな吉野さんへの想いで集まったこのライブのDVDなんですが、
いやあ~っ!すごくいいですよっ!これぞBeautiful Songsっ!
オープニングはアッコちゃん。このライブの発起人であります。
盛岡のライブでも感じたけど、いやあ~男気の女だよっ!(笑)
俺、はじめて聴いたんですけど「右手」って曲のパフォーマンス、
はんぱじゃなくて鳥肌でした…生だったら全身鳥肌だろうな…

このDVDの中で最も俺の目からウロコが落ちたのが細野さんでした。
細野さんは当然いろんなとこで観聴きしてるんですが、
CD買ってまで聴くほどじゃなかったんですよね。
このDVDでは細野晴臣&東京シャイネス・オールスターズ名義で
演奏してるんですが、いやあ~マジで凄いですよっ!

細野さんが「おっさんのサウンド。若い人にはできません」って
言ってたんですが、いやあ~すんごいグルーヴですよねえ~。
細野さんのBOX、マジでほしくなっちゃいましたよお~(笑)
そうそう、細野さんが「清志郎から電話があって元気そうでした」
って話してたのがね、なんかすごくよかったなあ~。

大御所に囲まれて緊張しまくりのゆずもよかったなあ~。
友部さんは吉野さんとはじめてつくった「一本道」と
最新の「Speak Japanese,American」の選曲がすごくよかったです。
「Speak…」は浜口茂外也さんと二人だけど、すごかったです。
アッコちゃんと大貫妙子さん、アッコちゃんと細野さん、
この日ならではのジョイントもたまらく素敵な空気でしたよ。

たった一曲「SOMEDAY」をギター一本で奏でた佐野元春。
はじめにも書いたけど「SOMEDAY」が生まれた話しは、
いろんなとこで活字で読んだけど、元春の言葉で語られる
吉野さんとの「SOMEDAY」誕生の話しはね…そう…
まるで“歌”のようでしたね…もうひとつの「SOMEDAY」…
元春ファンなら、この一曲だけでも買う価値ある気がしますね。

他にも、吉野さんへのメッセージも入ってます。
清志郎30周年のような派手さはないんですが、
文字通り“音楽のちから”を感じるDVDでしたね。
アッコちゃんの回し者ではありませんが、買って損はしませんよ。
っつーか、限定生産なんで買わないと損するかもしれません…(笑)
ぜひ、みなさんもちょっと無理してでも入手して下さいませ。
吉野さんの復帰祝いコンサート…行きてえなあ~っ!(笑)

|

« スケッチ 公会堂界隈 | トップページ | スケッチ 小岩井農場の一本桜 »

コメント

通りすがりの細野ファンです。
吉野金次さんの凄さを知るには、はっぴいえんどの2枚目のCD、風街ろまんを聴くとよく判りますよ。
このCDの制作の途中でエンジニアが吉野さんに変ってるのです。
それ程音楽通でない自分でも判るので機会があれば聞いてみてください。
それから、細野さんのクラウンBOXは、はっきり言って買いです。全盛期の細野さん率いるティン・パン・アレーの演奏が凄い。
伝説の中華街ライブCDはライブ完全版。(DVDの方は3曲のみで矢野夫妻は映ってません。)
矢野ピアノを堪能できますよ。
「泰安洋行」は矢野さんがピアノとコーラスで参加してて、矢野さんが初めて会うミュージシャンに自分の音楽性を伝えるために必ず聞かせるCDだということですし。
DVDのトロピカルツアーのリハ&ライブ映像では、ほんの少しですが若かりし頃の矢野さんも映ってます。

投稿: 細野ファンです | 2007年5月 8日 (火) 10時42分

このライブ、僕も開催前はほとんど知らなかったんですよ。大々的な告知じゃなかったし、北沢タウンホール自体それほど大きな所じゃないから、どうせチケットは取れないだろうなあ…なんて。
でも、後日出演したメンツを聞いてびっくり!はっぴぃえんどから現在まで続く日本のポップスの流れを集約したような豪華さに、無理してでも行けば良かった!と後悔しました。
DVDが出てたことも恥ずかしながら知りませんでした。これは買わねばねっ!

投稿: Y.HAGA | 2007年5月 8日 (火) 12時53分

★細野ファンさん
通りがかって下さって恐縮でありますっ!
はっぴいえんどもあんまり聴いてないんですよ、実は…
ナイアガラトライアングルVol.2あたりからなんでよね、
大瀧さんを聴き始めたのも。まだまだ、ひよっこです~(笑)
細野さんのクラウンBOXは、気になってたんですが…
きっぱり“買い”ですか…何とかせねばあ~っ!
実は細野さんのブログも昨日知ってですね、
『音楽のちから』と吉野さんのことを書いてましたね。
む~~~深い…(笑)
今後も通りがかったら、いろいろ教えて下さいませ。

★HAGAさん
このライブ、チケット争奪戦も大変だったみたいですね。
本当に観れた人はラッキーですよねえ~。
いやあ~このDVDは、HAGAさんにぜひ観てほしいですね。
HAGAさんのレビューを楽しみに待っておりますっ!

投稿: RE2O | 2007年5月 8日 (火) 20時46分

このDVD出たのは知ってたけど、どうしよっかなー。って迷ってたんです。でもRE20さんのブログ読んで、見たい!買おうって思いました。次の給料日に必ず!!

投稿: さらん | 2007年5月 8日 (火) 23時40分

★さらんさん
ぜひっ!限定生産なんで取り置きをオススメしま~す。
レビューを楽しみにしてますねえ~♪

投稿: RE2O | 2007年5月 9日 (水) 05時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110275/6338930

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽のちから ~吉野金次の復帰を願う緊急コンサート:

« スケッチ 公会堂界隈 | トップページ | スケッチ 小岩井農場の一本桜 »