« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月31日 (金)

スケッチ 遠野ホップ収穫祭 その4

P8264541_2遠野といえば、カッパ。先日もたくさんのカッパを目撃しました。
まずは「風の道ギャラリー」で見かけたカッパ達です。
ゲ…ゲ…ゲゲゲのカッパ~(笑)

P8264538ルパン~~~(笑)

P8264503翔んだカッパル…(笑)

P8264542アンパンマンと遭遇~♪

P8264539カ~ッパキザクラルンパッパ~♪ ボインです…(笑)

P8264461_2たかむろ水光園のウエルカムカッパ。

P8264509男湯にもカッパ。

P8264513池にももちろんカッパ。

P8264512やっぱりボインでしたあ~(笑)
まだまだ遠野にはいろんなカッパがいますんで、
また訪ねたらスケッチしてきますねえ~。
いつかは本物のカッパと2ショットをっ!

とても日帰りツアーとは思えない遠野の旅でした。
みなさんもいつか遠野にお出でくださいませえ~♪どんどはれ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

スケッチ 遠野ホップ収穫祭 その3

P8264480ホップ収穫祭の会場「たかむら水光園」。
はじめて行ったんですが、遠野のテーマパークみたいでしたね。

P8264495腹ごしらえの後は、遠野の昔話を聴きました。

P8264493語り部の菊池タキさん。
実は俺、遠野で昔話を聴くのははじめてでした。
「おしらさま」の話しは、せつなくて仕方なかったですね。
昔、本で読んだことあるんですが、この日は…たまんなかったな…
次の話しでは、心地よく睡魔におそわれてですねえ~、
お話しの終わりの決まり文句「どんどはれ」で、
夢からさめたという…(笑)

P8264501菊池さんは、その後、母子に差し向かいで物語りを語ってました。
俺もマヂカで聴かせてもらったんですが、なんか、
ガキの頃とか思い出しちゃいましたねえ~。

P8264504一昔前まで馬と一緒に暮らしていた名残の馬具です。

P8264505_2南部曲り家。馬と人が同居してたんですよね。

P8264510ここには温泉もあってですね、湯上りのどぶろくアイスっ!
いやあ~最高にうまかったですねっ!

P8264518遠野駅近くの「蔵の町ギャラリーに移動」。

P8264519ここではキリンビールの歴史が紹介されています。

P8264546昭和のなつかしグッズもあったりします。
さて、今日はここまで。明日はお待ちかね、カ○パの登場です。
つづく。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月28日 (火)

スケッチ 遠野ホップ収穫祭 その2

P8264462ホップ収穫の後「たかむろ水光園」に移動します。

P8264479おまちかねっ!遠野産ホップも原料の一番搾りですっ!

P8264466「遠野へよォーこそー!」遠野市長のあいさつです。

P8264485もちろんピッチャーも一番搾りっ!

P8264475遠野で焼肉と言えば、ジン…ジン…ジンギスカ~ンっ!

P8264476今日の特別メニューはこれっ!

P8264477香り高いホップの若芽入りのウィンナーです。うまいっ!

P8264478青空の下のビールは最高でしたっ!
つづく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日)

スケッチ 遠野ホップ収穫祭 その1

P82644151週間のごぶさたでした…って、俺は玉置宏かっ!←古っ…(笑)
8月最後の日曜日、民話のふるさと・遠野に行ってきました。
「遠野ホップ収穫祭2007」でありますっ!
先週は県北の軽米のホップ畑を見学したばっかりです。
岩手は全国のホップの生産の4割を占める日本一の生産県。
その岩手の中で最大のホップの産地が、ここ遠野なんですよお~。

今回のツアーは、キリンビールを買って抽選で当たった
強運の持ち主ばかり。俺は仕事なんですけどねえ~。
天気予報は下り坂だったんですが、いい天気でしたよ。
とても日帰りバスツアーとは思えない濃い一日となりました。
では、残暑の中の秋のにほいを感じてくださいませ。

P8264416今日の遠野は飛びっ切りのお天気です。

P8264418ホップ畑の隣りは…なんだ…この白黒は?

P8264420中に牛のエサがあるそうです。へえ~。

P8264421ホップ畑に到着~。暑いなあ~。

P8264425ホップの収穫が始まっていました。

P8264435トラクターの後ろに作業用の車が連結。

P8264439約5mの高さでホップを剪定します。高っ!

P8264442下では伐られたホップをさばきます。

P8264452今年のホップの出来はすごくいいそうです。

P8264455ホップ畑の中はひんやり気持ちよかったです。

P8264447刈り取り前のホップ畑。

P8264458刈り取り後のホップ畑。

この後は遠野のホップを使った一番搾りで乾杯ですが…
明日へ続きます~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日)

メイ、散歩に出るっ!

P819439215日に我が家にやって来たメイちゃんです。

P8174288初日は長旅疲れと暑さで外に出なかったんですが、
2日目、3日目と徐々に慣れてきましたあ~。さあ、散歩へGoっ!

P8174290この道を通るワン?

P8174295_2青い稲をバックにポーズ…(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

スケッチ 軽米のホップ畑

P8174300いやあ~今年のお盆は暑かったですねえ~。
盛岡も連日の35℃越えの猛暑日が続きました。
お盆明けの昨日、県北の軽米町へホップ畑見学に出かけました。
昨日の軽米の日中は、なんと18℃っ!
涼しいのを通り過ごして、肌寒いくらいでした。
そんな天然のエアコンを、みなさんにお届けしま~す。P8174307
収穫間近のホップです。高さは5m。

P8174308_2からまってるのを伸ばすと10m以上なそうです。
4月に芽が出て、1ヶ月に5mも伸びるんだそうです。

P8174306これがホップの実です。

P8174305これが美味しいビールになるんですよね。

P8174324軽米のホップはサッポロ黒ラベルの原料の一部なんですよ。

P8174351さあ~て、行く夏を惜しんでビールで乾杯しましょー♪

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年8月17日 (金)

出口のない海

Usrfpatqpp昨秋、公開された映画『出口のない海』のDVDを借りて観ました。太平洋戦争末期、日本軍の人間魚雷“回天”を描いた映画で、公開当時は特攻精神を美化する映画だって勝手に感じてですね、観ないまま1年近く経ったんですよねえ~。今度の日曜、8月19日21時からテレビ朝日系で放映するんで、ぜひ、みなさんにも観てほしいなあ~。ご覧になる方は、ネタバレアリなのでご注意くださいませ。

神風特攻隊に比べると、回天の知名度は低いですよね。
俺も名前は知ってたんですが、回天のことを強く意識したのは、
今年の7月7日、七夕の夜の、よしだよしこさんのライブでした。
詩人の石川逸子さんが書き下ろした歌も歌ったんですが、
石川さんはよしこさんに他に何篇もの詞を書いたそうです。
その中には、回天のことを書いた詞があったそうです。

石川さんは山口県にある回天の記念館を訪れ、
実際に回天の中に入ったそうです。
赤ん坊が胎内にいるような、かがまなければいられない、
そんな狭苦しい操縦席だったといいます。
よしこさんは「ちようど回天の映画が公開になりましたね」
と話してたんで『出口のない海』を思い出したんです。

『出口のない海』は、監督が佐々部清、脚本が山田洋二。
先日観た『夕凪の街 桜の国』も、佐々部監督作品でした。
すごく丁寧に撮られた、いい映画だと思います。
ただ、俺が引っかかったのが一箇所だけあったんです。
そこから、先に書きますね。

回天の故障で、九死に一生を得てしまった並木(市川海老蔵)が
整備士の伊藤(塩谷瞬)とキャッチボールをするシーン。
そこで並木は「なんのために回天で死ぬのか」を語るんです。
語られてる言葉は、本当…その通りだと思うんです。
でも、言葉にしなくても、あの映画の物語の中で、
並木の思いって、十分、観客には伝わると思うんだよね。
あそこだけ“つくられたシーン”って感じがしたんだよなあ…

俺が気になったのはそこだけで、後は素晴らしかったですよ。
海軍学校の生徒の並木達は回天搭乗を志願するんだけど、
あの時代の空気の中で苦悩して決断するのが伝わりましたね。
決断した後も、ずっとずっと苦悩してるんだよね。
それが、めちゃめちゃリアルに感じました。

この映画の中ではヒールな役回りの北中尉(伊勢谷友介)。
“軍神”になるために彼は回天を志願したんですが、
貧しい農家の出身の彼にとっては、家族が生きるために、
この道を選ぶしかなかった…そう追い込んだんだろうな…
先日聞いた北上の農民兵士の話しと重なりましたね。

俺がこの映画に入り込んだのは、回天を操縦できるようになる
過程の描き方が、すごく丁寧だったことですね。
今と違ってボタンひとつじゃないんですものね。
俺も並木同様文系の人間なんで、もし回天に載ることになったら、
まず、操縦訓練で脱落しちゃいますね。
あの過程の描き方が、これまでの戦争映画とは違って感じました。

そして一番の肝は、並木の最期です。
特攻の映画だと、主人公が敵にぶつかって玉砕するって、
普通、誰だって思うじゃないですか?でも、違ったんですよ。
並木は回天の故障で出撃せず、潜水艦は基地に帰ります。
そこで次の出撃に向けて訓練を行うんだけど、
並木はこの訓練の途中で亡くなってしまうんです。

糸井重里と吉本隆明の対談集『悪人正機』を思い出しました。
吉本さんは「戦争なんてドラマのようなんかじゃない。
大半は、飢え死にしたり、病気になって死ぬんだよ」
みたいなことを話してたんですけど、並木もそうでした。
特攻の映画で、特攻で死ねず、訓練の途中で死ぬんですから。

この場合、並木って戦死になるのかな…
特攻で死ねば何階級か特進になるんだろうけど…
太平洋戦争の日本の犠牲者は330万人、
非戦闘員の死者は110万人と言われているそうです。
戦闘員って言っても、赤紙で召集された学徒動員や農民兵士も
含んでるんですからね…

終戦までに訓練を受けた回天搭乗員は1,375人、
回天による戦没者は106人、整備士を含め145人だったそうです。
彼らや、並木のような事故で亡くなった人達、
そして複雑な思いを抱えたであろう生存者の方々の思い…
さまざまな思いを感じさせてくれる映画でした。

そうそう、この映画の主題歌は竹内まりやの「返信」で
『DENIM』に入ってるんで、何度も何度も聴いてるんですが、
歌詞に「夕凪」って出てくるんですよね。
今まで意識しないで聴いてたなあ…
みんなどんな思いで夕凪の海を眺めてたのかな…

さて、俺の夏休みの宿題は、もう一単元だな…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年8月16日 (木)

ジャックラッセルテリアがやってくる!ヤア!ヤア!ヤア!

P81542662007年8月15日、我が家に家族が増えました。
ジャックラッセルテリアのメイちゃん、2歳3ヶ月。♀です。
5月生まれなんでメイちゃん。ブライアン・メイのメイじゃないよ~(笑)

P8164283メイちゃんは飛行機で羽田→千歳経由で花巻空港に到着~。

P8164282長旅おつかれさまでしたあ~。

P8154280長旅と暑さでバテ気味です~。

P8154263ニャンコ歴は長いんだけど、ワンちゃんが家族になるのははじめて。
ここにもちょくちょく登場すると思うので、末永くごひいきに~♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

62年目の8月15日

Photo昨日から盆休み返上で仕事をしておりました。
でも昨日も今日も盛岡は酷暑っ!36度超えですからね。
エアコンない我が家にいるより、正解だったみたいです。
今日は甲子園で専大育英が出るんで、
ボリュームしぼってテレビをつけて仕事してました。

150km超えの豪腕・佐藤が信じられない連打をあび、
呆然となっていたら、時計の針は12時…黙祷です。
毎夏、高校野球を見てたガキの頃、
8月15日の正午の黙祷の意味がわからなかったなあ…
いつ以来だろ…テレビで一緒に黙祷を捧げました。

この前『出口のない海』のDVDを借りてきました。
まだ観てないんですけど、市川海老蔵演ずる明大生は、
甲子園の優勝投手なんだよね。
あの頃は、野球選手だろうが戦地に行ったんだもんなあ…
あの大投手、沢村栄治も戦死したんだもんねえ~。
無念だったろうなあ…

今年の8月は、いつもの年より、62年前に終わった
太平洋戦争のことを考えてる気がします。
あの頃、俺が生きてたら…
10歳だったら…20歳だったら…40歳だったら…
広島にいたら…満州にいたら…戦地にいたら…
想像しただけで、怖くて怖くて仕方ありません。

今も太平洋戦争の“傷”を負ってる人が、たくさんいます。
物理的な、精神的な、経済的な、さまざまな“傷”…
それは遠くじゃなく、極々身近にいるんですよね。
そして、今こうしている瞬間にも、
世界中でたくさんの人達が、戦争で命を失ってるんですよね。

ティーンエイジャーだったら、今、世界中で起こってることは
大人のせいだって、ガンガン怒れると思うんだよね。
でも、俺はまぎれもなく大人なんですよね。
あの頃と、肉体以外は変わってない気がしてるけど…(笑)
だから、今の世の中を人のせいにばかりはしてられんよね。
いろんな場面で世界を変えるチャンスと関わってるんだよね。
忙しいふりしたり、見ないふりしてるだけなんだよね…

この8月、まだやり残した宿題があります。
別に夏休み明けに提出しなくちゃならないわけじゃないし、
そもそも俺の夏休みはとっくに終わってますけどねえ~(笑)
もう少し、太平洋戦争のことを掘り下げてみたいと思ってます。
いくつかはここにも書きたいと思うので、
少しでも興味がある方は、お付き合いください。

8月15日…太平洋戦争で亡くなられた方に…心から…合掌。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月)

北上平和記念展示館と岩手陸軍飛行場跡

P8124253『夕凪の街 桜の国』を観た翌日、以前から行きたいと思っていて、
まだ訪れたことのない場所に行ってきました。
さすがに広島や長崎には、おいそれとは行けないんですが、
岩手県内にも太平洋戦争にまつわる場所があるんですよ。
今年はじめて35℃を越える猛暑日となった暑い暑い一日でした。

北上市和賀町藤根にある北上平和記念展示館。
ここには、日中戦争や太平洋戦争に出征した農民兵士の
軍事郵便が7,000通も保存されているんです。
農民兵士…今のような時代なら普通のお百姓さんだよね。
民間人が戦争に借り出されると、軍人になっちゃうんだよね…

この展示館が気になってたのには、いくつか理由があってですね。
ここの館長を務めてるのが、俺の高校の時の演劇部の顧問で、
倫理社会の先生でもあった池田友敬先生なんです。
高校を卒業してからずっと音信普通だったんですが、
4~5年前かな、北上市に昔から伝わる村歌舞伎の手伝いをした時、
俺の芝居を客席から観ていたらしく、年賀状をいただいたんです。
それで池田先生が館長だと知り、ようやくの訪問となりました。

館内はエアコンがなく、立ってるだけで汗が流れ落ちます。
この展示館のある藤根から出征した兵隊さんの写真と手紙。
“ここ”で田を耕してた人達が、戦に借り出されたんだよな…
中には中国でガス兵器を使ったって手紙もありました。
あまりにも生々しくて、言葉も出てきませんでしたね…

展示品には、当時の学校掲示用の写真入壁新聞がありました。
軍国少年や軍国少女をあおってる内容なんですよね。
戦地に行ってる兵隊さんに手紙を書きましょうってえのが、
まるでアイドルにファンレターを書きましょうって感じなんだよね。
今の学校の壁新聞は、まだ、そこまでじゃないよね…

池田先生と事務室で1時間ぐらいかな…ゆっくり話しをしました。
俺、知らなかったんだけど、岩手出身の兵隊さんって、
寒暖の差に強いっていうんで、最前線に送られてたんだって。
日露戦争の頃からそうで、映画にもなった八甲田山の訓練で
亡くなった大半が、岩手出身の方だったそうです。

太平洋戦争では、アッツ島、ビアク島で、多くの岩手県民が
玉砕した…玉砕させられたそうです。
「岩手の兵隊には、そんな歴史があるんですよ」
俺も生まれてくる時期が40~50年違ってたら…
そう思うと体中の震えがとまらなかったですね…

この日の夜、NHKスペシャルで漫画家・水木しげる氏の戦争体験を
もとにしたドラマ「鬼太郎が見た玉砕~水木しげるの戦争~」
観たんですが、池田先生の話しと重なるとこが多かったですね。
特攻…玉砕…言葉のもつイメージは雄雄しく勇ましいんですが、
その実態を想像すると…あまりにもかけ離れてる気がします。
そうそう、この番組の音楽って梅津さんだったんですよお~っ!

P8124258この展示館の近くの後藤野は、日本最北の特攻出撃基地となった
陸軍飛行場があった場所でもあります。
終戦間際の昭和20年8月、後藤野飛行場は米軍による空襲を受け、
反撃のために特攻機が3機、この飛行場から飛び立ったそうです。
うち1機は機体トラブルで帰還、もう2機は米軍の空母を見つけようと
太平洋岸を飛行するも、見つけることができず墜落したそうです。

P8124256今は公園と、自動車メーカーの工場になっている飛行場跡地。
41年も岩手に住んでいながら、はじめて訪れました。
岩手にも太平洋戦争縁の場所が、まだまだたくさんあるはずです。
今この時代、ブログという表現手段がある時代…
夏休みの自由研究のように、ここに書くのも俺の役割かな…
そんなことを感じた暑い暑い夏の一日でした。
池田先生、この場を借りて…ありがとうございました。

P8124259今から62年前の夏の日も、昨日と同じような暑い日だったのかな…

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年8月12日 (日)

夕凪の街 桜の国

57523582夕凪って言葉をはじめて耳にしたのって、多分、歌だと思います。広島出身の浜省の歌にも出てきますね。夕凪…美しい響きに、夕方にそよぐ風のイメージをもってました。
広島に住んだことのある友達から、夕凪って風が全然吹かないで、真夏の夕凪は暑くてたまらないって聞いてえらく驚きましたね。

そんな夕凪がタイトルに出てくる映画『夕凪の街 桜の国』。
先日、旧友OGNクンがこの映画を観たってコメントもらうまで、
存在もしらなかったんだけど、盛岡で封切の昨日観てきました。
なんの前知識もなく観に行ったんですが、すごくいい映画でしたね。
『夕凪の街』と『桜の国』っていう2編からなって、
2つの物語が糸をつむぐようにからみあっていきます。

俺がまず引き込まれてったのは『夕凪の街』の風景と暮らしですね。
昭和30年代の広島の長屋の風景なんだけど、
昭和40年代の自分の家を見てるようでね…
隣り近所、七輪から立ち上る煙、お見舞い、雨漏り…
物語の本筋とは違うのかもしれないけど、不覚にも入っちゃったね…
昭和を回顧させる映画は最近多いけど、今回はまいったな…(苦笑)

『夕凪の街』は原爆が落ちた…いや、原爆を落とされてから10数年
経った広島が舞台なんですが、描かれてるのは普通の生活です。
普通に仕事して、普通に家族と暮らして、普通に恋心を抱いて…
ただひとつ、普通じゃないのは、被爆者であるということ。
銭湯のシーンがあるんだけど…普通の暮らしの中の普通じゃなさ…
原爆のこと、いろんなとこで学んだはずなのに、戦後20年経って、
平和な北国で生まれ育った俺には、知らないことの方が多いな…

結婚や出産、被爆した人の前にそそり立つ壁の大きさ…
恋焦がれてる人から打ち明けられても、幸せを受け入れられない…
自分も被爆者でありながら、息子が嫁にほしいという娘が被爆者だと
それを受け入れることができない母親…
戦場で戦った死んでいく物語とは違う残酷さを感じましたね。
俺だったらどうするんだろ…そんな問いかけが多い映画でしたね。

『桜の国』は現代の物語なんだけど、戦後は終ってないんだな…
俺なんか、戦争がすっかり風化されてる気がしてるんだけど、
普通の生活の中に戦争による重たい現実が転がってる人達…
たくさんいるんだな…そんなことを痛感させられましたよ。
俺も劇中の堺正章のような旅がしたい…そう感じちゃったな…

『夕凪の街』の麻生久美子、『桜の国』の田中麗奈、
どちらも俺の好きな女優なんだけど、いい演技してたなあ…
戦争映画が苦手な人にもオススメの映画です。
そうそう、この映画の原作って、こうの史代って人の原作の
マンガだったんですね…原作も読んでみなくちゃ。

今まで漠然と広島に行かなくちゃって思ってたんだけど、
この映画を観て、その思いは強くなりましたね。
帰り道、図書館で『原爆被爆者の半世紀/伊東壮』を借りました。
薄い岩波ブックレットなんだけど、俺の知らないことばかりでした。
原子爆弾が落とされた街のことは、そこに行かなくちゃな…
盛岡では体験できない夕凪を、広島で感じてきたいと思います。

| | コメント (7) | トラックバック (2)

2007年8月11日 (土)

スケッチ 盛岡花火の祭典

Img_0001今日から待ちに待った夏休みでありますっ!ったところで俺の場合は3Daysなんですけどねえ~(笑)今日は、朝、庭の草むしりをして、近所のニャンコと遊んで、献血行って、紅茶の店しゅんのわがままカレーを食べて、新しくアイーナに入った県立図書館に始めて足を踏み入れて…と、オンタイム以上に活動的なオフになっちゃいましたあ~(笑)

そんな今日、我が家から2~3kmのとこが会場の
「盛岡の花火大会」に行って来ましたっ!
ここに引っ越してきた年に行って以来だから、10年ぶりぐらいかな…
チャリンコに乗って、パイプイスを背負って、都南大橋のたもと、
無料スポットに陣取って、行く夏を惜しんで楽しんできましたあ~。

P8114225打ち上げ開始1時間前。こちらは有料コーナーです。

P8114230都南大橋の夕景です。花火大会日和です。

P8114233ベンチャーズのコピーバンドが盛り上げます…夏だっ!

P8114244色とりどりの花火が鮮やかでした。P8114248
た~~ま~~や~~♪P8114251_2
みなさんの街の花火大会はいつですかあ~?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

FOR YOU / 山下達郎

Cd_rca_foryouいやあ~毎日、盛岡も暑い暑いっ!早寝の俺も暑くて眠れない~(笑) エアコンのない我が家では、窓を開け放して寝てるんですが、毎日寝苦しくて仕方ありませんねえ~。ちょっと前までの盛岡は、エアコンがほしい日は年に数える程度でしのげたんですが、温暖化なのか、もうキツいですねえ~。そんな毎日ですが、明日は暦の上では秋なんですよね。さんさも終っちゃったし、夏のうちに忘れずに書かなくちゃっ!

1週間ぐらい前かな、風呂でラジオを聴いてたら、
聴き覚えのあるギターカッティングのイントロが流れてきたんです。
それが、達郎の「SPARKLE」だったんですよお~っ!
我が家のちっちゃい風呂が、リゾートプールに変わった気分…(笑)
それからアルバムを引っ張り出して、毎日聴いております。

俺が高校の頃かな、このアルバムが出たのって。
鈴木英人のジャケットが、すごく好きでねえ~。
当時、FMステーションの表紙も英人さんでしたね。
おまけにカセットのオリジナルデザインがついてたんですよね。
みんな切り取って使ってましたねえ~。なつかしいなあ~。
カセット自体が、死語の世界ですよねえ~(笑)

MOONやWARNERに移籍してからは、達郎自身の詞が多くなり、
「夏だ!達郎だ!」ってイメージから脱却しました。
最近の達郎の音楽も、もちろん好きなんですが、
RCA/AIRレーベル時代の達郎の音楽も、聴き返すと最高ですね。
20年以上も経ってるのに、ボーカルもサウンドも全然色褪せてない。
このエバーグリーンな感じは、誰彼に出せないと思いますねえ~。

『FOR YOU』は、俺が最初に聴いた達郎のアルバムです。
厳密に言うと、ベストアルバム『GREATEST HITS!』と
小林克也のDJ入りの『COME ALONG』の3枚を同時に聴いたんで、
どれが最初か正確には覚えてないんですけどねえ~(笑)
日本人離れした声、日本語で歌ってるのに日本を感じさせない
達郎の空気に、当時の俺はすんごいインパクトを受けましたねえ~。

しかし、なんで暑い夏が来ると『FOR YOU』を聴きたくなるのかな…
「LOVELAND,ISLAND」が入ってるからなのかな…
いや「SPARKLE」のイントロを聴いただけでパブロフだしな…(笑)
みなさんは夏になると聴きたくなるアルバムとか歌ってあります?
納涼・夏の音楽放談でもして、ちょいと涼みませんかあ~?(笑)

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2007年8月 6日 (月)

愛の世代の前に / 浜田省吾

A07_2今年、長崎市長が狙撃された後や、久間防衛相の「原爆はしょうがない」発言の後、浜省はライブで「愛の世代の前に」を歌ったそうです。広島出身で、父親も被爆者の浜田省吾…「彼はいつまでこの歌を歌わなければいけないのかな…」そんなメールを友達からもらいました。愛の世代の前の一瞬の閃光…か…

平和宣言で核保有国のリーダーを「時代に遅れた少数の指導者」
と言い切った秋葉広島市長に心から敬意を表したいと思います。
そんな「少数の指導者」に尻尾を振るのは、やめにできないかな…
安倍さんのあいさつがすごく薄く感じちゃいました。

今日の盛岡も暑かったけど、あの日の熱さの比じゃないんだよね…
いつか行かなくちゃな…ヒロシマ…

「愛の世代の前に」の歌詞はこちら
浜田省吾自身のアルバム解説はこちら

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

【柴山俊之還暦祝】SEEET INSPIRATION / シーナ&ロケッツ

Tower_mag 阿久悠さんの追悼で「ロックの好きなベイピー抱いて」を聴くべく、シナロケの25周年BOXを引っ張り出したんですが、ヘビロテです…(笑) シナロケを生で最初に観たのは80何年だろ…R&Rオリンピックです。まだ夏フェスなんて名前もない頃、野外ロックフェスの走りですね。宮城県南の菅生で80年代に毎年繰り広げられた夏フェスです。俺は2度ほど観に行ったんですが、トリがシナロケだったんですよね。鮎川のラフで激しいギターと、シーナに一発で悩殺されましたね。

なかなかライブに行く機会がなく、レコードも毎回買ってるわけじゃ
ないんですが、25周年のBOXは迷わず買いましたね。
CD2枚とDVD1枚のセットで、シナロケの代表曲は網羅されてます。
あと『爆音ミックス』ってライブアルバムも持ってますっ!
その名の通り、爆音ライブをそのまま真空パックしたアルバムで、
爆音で聴いちゃうんで、ライブのように難聴気味になっちゃいます。

今回、BOXを聴いてて、気付いたんですけど、俺が好きなシナロケの
ナンバーのほとんどの作詞を手がけてるのが、柴山俊之なんです。
阿久さんが亡くなった後だから、いつになく言葉を意識して
聴いてたのかな…今まで、あんまり意識したことなかったなあ…

以前から柴山俊之がシナロケの作詞をしてたのは知ってました。
はじめは職業作詞家か、糸井のようなコピーライターなのかな…
そんな風に軽~く流してたんですよね。
何年かして、鮎川も在籍してた伝説のバンド、サンハウスの
ボーカルだって知るんですが、それでも特に意識しなかったな…

今年の6月頭に、岩手の県北の港町・久慈市のバンドマンで
半年に1回プライベーツを呼んでる、俺の旧い友達から
「タワレコに柴山俊之を特集したフリーペーパーがあるはずだから
探してほしい」ってメールがあったんですよ。
ちょうど東京出張だったから、渋谷のタワレコに寄ったらなくて、
7月頭にかな…ようやく盛岡のタワレコで見つけたんですよ。

それが『柴山“菊”俊之 還暦記念読本』だったんですよお~っ!
いやあ~ビビリましたねえ~っ!表紙は“今”の柴山なんですが、
上半身裸で髪を振り乱してイッた眼で歌う姿ですからあ~。
中を開くと柴山のキャリアの年譜と、リスペクトのメッセージが…
鮎川、シーナはもちろんですが、石橋凌、浅井健一、伊東ミキオ、
遠藤ミチロウ、KYON、ヒロト、花田裕之、YUKAI、延原達治、
陣内孝則、仲野茂、山下久美子…なんだ…ロック名鑑かっ!(笑)

まあ、そんなのも重なって、シナロケを聴きなおすと、
「LEMON TEA」「ホラ吹きイナズマ」「VIRUS CAPSULE」
「ROCK IS ALRIGHT」「YOU MAY DREAM」「HAPPY HOUSE」
俺の大好きな曲達って、柴山作品なんですよねえ~。
シナロケなんで、腕組みしながら「この歌詞がいいなあ~」なんて
聴き方はしたことないんですけどねえ。

一言で言うと、めちゃめちゃキャッチーなんですよっ!
ロックで、激しくて、猥雑だったりするんだけど、
なんでなんだろ…ギリギリんとこで下品に聴こえないんですよ。
そのバランス感覚って、計算してんのか、天性なのか、
柴山の人となりを見た目でしか知らない俺には想像つかないけど。
ほんと、もっともっと評価されていいぐらいの作詞家だと思うなあ…

Vicl60002特にも好きなのは「SWEET INSPIRATION」ですねえ~。楽曲自体が、ポップで、ハードで、キャッチーなんだけど、柴山の詞によるところが大きいんじゃないかなあ~。まるでディズニー映画のようなロックなおとぎ話なんだよね。こんな歌詞はだれ彼に書ける世界観じゃないですねえ~。

ってわけで、阿久悠からシナロケ、シナロケから柴山と、
自分でも驚く脱線っぷりではありますが…(笑)
阿久悠さんの作品は亡くなっても歌い継がれることでしょう。
でも、生きてる偉大な人間を、もっともっとRespectしなくちゃっ!
そんな思いで、柴山さんのことを書かせてもらいました。
みなさんも、ぜひ、柴山作品を聴いてみてくださいっ!

俺も、柴山さんの還暦祝い盤「ろくでなし稼業/ジライヤ」
聴いてみなくちゃな…ジャケ…怖いけど…(苦笑)

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2007年8月 2日 (木)

【追悼 阿久悠】ロックの好きなベイビー抱いて / シーナ&ロケッツ

Fsc18_c2_l昨日、さんさの打ち上げの最中に阿久悠さんの
訃報を知りました。今朝のめざましテレビで
流れる、阿久さんが手がけたヒット曲の数々。
いやあ~ほんと、見事に全部一緒に
口ずさめちゃいましたねえ~。
いかに70年代の俺が、阿久さんの歌を聴いて
育ったのか、改めて知らされたって感じでした。
我が家にある阿久さんの作品が収められてる
CDは3枚ぐらいですかねえ~。

1枚はBAHOの『OKURADASHI』の「気絶するほど悩ましい」。
Charの初期の楽曲って阿久さんの作品が多いですよね。
Charと言えば、NSPの天野さんの追悼イベントに出たばかりですね。
天野さんといい、阿久さんといい、まだ早過ぎるよなあ…

今日、引っ張り出して聴いたアルバムは大瀧詠一作品を集めた
『NIAGALA SONG BOOK Ⅱ』。小林旭の「熱き心に」です。
大瀧さんはアキラ好きですが、この曲は大瀧王道サウンドっ!
これに阿久さんの言葉と、アキラ節が掛け合わさって、
ONLY ONEのナンバーに仕上がってますよねえ~。
数ある大瀧ヒットナンバーの中でも大好きな一曲です。

そして、シナロケの25周年記念『DREAM BOX』、
その名の通り爆音のライブアルバム『爆音ミックス』。
収録曲は「ロックの好きなベイビー抱いて」。
おそらく、阿久さんの楽曲の中では、かなりマイナーだと思います。
でも、俺はこの曲めちゃめちゃ好きですねえ~。

俺はこの曲が入ったオリジナルアルバムは持ってないんだけど、
リリース当時の『ロッキンオンジャパン』か『BRIDGE』に
シナロケのインタビューが載ってたんですよ。
鮎川が阿久さんに詞を依頼してアルバム1枚つくったって話し。
阿久さんの仕事の速さと、作品の量と質に驚いたって言ってました。
部屋中、阿久さんからのファックスで埋まったって…(笑)

さっき、阿久さんのサイトをはじめて覗いたら、
数多くのヒット作品と一緒に、こんなコーナーを発見しました。
あまり売れなかったが なぜか愛しい歌
その第18回がシナロケの「ロックの好きなベイビー抱いて」っ!
シナロケって柴山さんや、シーナの詞が多いけど、
糸井さんや仲畑貴志、湯川れい子さんの詞も歌ってますよね。

ちょっと脱線するけど、初期のシナロケがYMOと一緒に演ったり、
いまでこそ猫も杓子もコラボ、コラボだけど、
まだコラボって誰も言ってない頃からコラボしてたと思うな。
そんなシナロケ×鮎川の作品は、本物のコラボだって思いますね。
BOXに入ってる「Street Singer」も名曲です。
阿久さんとのアルバム、ちゃんと聴きたくなりました。

俺がロックを意識して聴きだした頃は、
シンガー自ら詞を書くってスタイルがいいって思ってました。
だから職業作詞家って色眼鏡をかけて見てたんだと思います。
でも、下手なロックもどきより、よっぽどロックだったんだろうな…
今夜は「ロックの好きなベイビー抱いて」を聴こうっと…

Thank youっ!阿久さんっ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

スケッチ さんさ踊り

P8013915早いもんだぜえ~っ!気がつけば、もう…8月~っ!
7月末に抱えてたイベントに追われて、ほぼ半月ぶりの更新で~す。

この間も書きたいこと山ほどあったんですけどね…
ソウルフラワー、バンバン、Leyona達のアルバム、パッチギ!、
身がしまって最高に美味しかった気仙鰻、大場さんの版画展第2弾、
ベアレンビール夕涼み会、参議院選、岩手の衆議院補選、
あと、チャボのことを語った地元ミニコミ誌とかねえ~。
みんな3行ぐらいで語れるんだったら、つどアップするんですけど、
ご存知のように語るとダラダラなもんで…(苦笑)

それらの話しは置いといて、今日から始まった盛岡の夏祭り、
さんさ踊りのスケッチを何枚かアップさせて下さいませ。
今年はさんさ踊りのパレードの30周年っ!パチパチっ!
さらに、盛岡が舞台のNHK連続テレビ小説『どんど晴れ』効果もあり
熱く盛り上っておりますっ!

P8013905今日の盛岡は暑かったですよお~。

P8013911官公庁通りの中央通がパレード会場です。

P8013916今年は『どんど晴れ』で観光客も増えた…かな…

P8013917盛岡城跡公園でも輪踊りがあります。

P8013918休憩中の美女軍団のお留守番…(笑)

P8013934歴代のミスさんさのパレードです。

P8013947こちらは伝統さんさのパレード。

P8013972_2こちらは俺の後輩達です。

P8013981あれれ…新装開業…加賀美屋…?

P8014041そう、『どんど晴れ』の夏美こと比嘉愛末ちゃんっ!
なんと『どんど晴れ』のロケも兼ねてたそうなんです。
手前は宮本信子さんでありますっ!
いやあ~見事な踊りっぷりでしたあ~。
ギャラリーは騒然でしたよお~(笑)

P8014036さんさ踊りは4日までです。
ぜひ盛岡にお出でくださいませえ~(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »