« 三宅伸治 ロックンロールジプシーツアー / 2007年11月13日(火) 盛岡 Club Change | トップページ | 僕の見たビートルズはTVの中 »

2007年11月25日 (日)

1+1 / 麗蘭

21kt3cssvlすっかり書くのが遅くなっちゃいましたが、麗と蘭の『1+1』について。発売日の数日後にゲットして何日か聴いて、その後はアナム&マキや伸ちゃんのアルバムのヘビロテに入ったんで、ちょっと間をあけて最近再び聴き出しました。ここ一週間は毎日聴いております。

俺、麗蘭のアルバムでいうと『麗蘭』と『SOSが鳴ってる』が双璧で…
って、オリジナルのフルアルバムとしてはこの2枚だけですけどね。
この2枚は全然違う“色調”なんですが、どちらも無人島持参級です。
『1+1』が出てから、久々にBOXの『WORKS』を聴いたんでけど、
いやあ~いいですねえ~っ!麗蘭の“色調”を再確認した感じです。

『1+1』は8曲入のミニアルバムですが、リプライズも1曲あるんで
実質7曲、さらっと聴けちゃうアルバムです。
そう…あまりにさらあ~っと聴けちゃうアルバムなんですよ。
ボリューム感のせいか、アコギ中心のアレンジのせいか、
よくわからないんですけどねえ~。

正直、『1+1』が“麗蘭”のアルバムだって実感がまだないんですよ。
“麗と蘭”のアルバムだっていう感じはするんだけどね。
鈴木さんがいた『麗蘭』と、北沢さんが入ってからの『SOS…』、
どちらも俺にとっては麗蘭なんですけどねえ~。
なんだろ…早川さんも含めたバンドとしてのグルーヴが、
俺にとっての麗蘭なのかな…そんなことを感じちゃいました。

『1+1』って、CHABOのミニアルバム『PRESENT』シリーズのような、
そんなニュアンスも感じるんですよねえ~。
このシリーズは俺も大好きなんですけど、そんな雰囲気がしました。
単に曲数が少ないからってだけじゃない気がするんですよね。
CHABOのソロのような…そんな“色調”を感じるんですよねえ~。

『SOS…』の頃からかな…詞だけ引っ張り出すと、
これって麗蘭っていうより、CHABOじゃんっ!って思ったりね。
アコースティックにしたからかな…余計、それを感じたんですよ。
麗蘭のアルバムだって思って聴くから、引っ掛かりあるのかな…
あんまり小難しく考えないで聴けばいいんだろうけどね…
普段は感じたままなのに、CHABOだとついついかまえちゃって…
CHABOファン独特の職業病みたいなもんでしょうか…(苦笑)

一曲一曲はすごく気に入った曲が多いですよ。
「Blue Blue」なんてライブ会場で絶叫してる俺が見えるし…(笑)
「Well Alright」の古いR&Bタッチはドツボですし、
「おいしい水」は、さらっと聴けちゃうけど、すごくいいですね。
軽いタッチで歌ってるんだけど、聴く度に感じ方が変わります。

「運」や「光るゼブラのブギー」も好きですねえ~。
今回の蘭丸の楽曲って、俺、かなり気に入っちゃいましたね。
インストですが「One Plus One」もいいですねえ~。
今回、CHABOってドブロ使ってますが、珍しいんじゃないですか?
これって今夏、吉祥寺での伸ちゃんとのライブの影響かな…
なんて勝手に感じてるんですが…すごくいいですわあ~っ!

なんだかんだ言ってヘビロテしちゃってるアルバムです。
最近はそうでもなかったけど、俺、CHABOのアルバムって、
最初に聴いた時はあまりピンとこなくて、ライブを観てから
アルバムを聴き返して、ようやくよさがわかる感じでしたからね。
ライブを聴いてからだと印象が大きく変わる予感を感じてます。

さあ、麗蘭のツアーはもう中盤あたりでしょうかっ!
自分でこの目で観るまでは、みなさんとこのレポも読まないように
スルーしておりました。『1+1』のレビューもね。
昨年の麗蘭ライブは観てないんで、俺にとっては2年ぶりの麗蘭。
初日の出に願掛けした年末の磔磔は叶いませんでしたが、
師走に麗蘭を聴けるっていうのが、楽しみで仕方ありませんっ!
なんか徐々にボルテージが上がってきた感じですっ!
待ってろお~っ!麗蘭っ!待ってろお~っ!仙台HEAVEN~っ!

|

« 三宅伸治 ロックンロールジプシーツアー / 2007年11月13日(火) 盛岡 Club Change | トップページ | 僕の見たビートルズはTVの中 »

コメント

ご無沙汰してます。
浜田省吾もアナム&マキも、コメントしたいけど
延ばし延ばし(騙し騙し?)にして息を潜めて
おりましたが…
おー、いよいよ登場ですね♪
あたり前ですがアルバム1枚1枚の感じ方や思い入れは
人それぞれ、と改めて感じ、また、とても興味深く
読ませてもらいました。
でも“色調”という表現は麗蘭に使って値する
ものだと常々思っていましたので、RE2Oさんの
この日記はするすると脳みそに入ってきて、勿論
同じようには感じていないのですが、何というか
この浸透具合が、あ、言っていることはすごく良く
分かるなあ~、と、それとCHABOさんへの「愛」も
すごく感じますね(^^♪
…自分の書いていることが分からなくなって
きましたが(-_-;)
ライブレポ、楽しみにしてま~す!

投稿: 弘進 | 2007年11月25日 (日) 21時46分

私…いろいろ思うところあって、このアルバムのこともライヴのこともまだ書く気になれず、ひと様の書いたものもまだほとんど読んでいません。ようやく「1+1」のレビューだけ、最近ぼちぼちと読ませていただいてます。ライヴに関しては多分、ツアーが終わるまでスルー…てことになりそうです。

光るゼブラのブギー、いいですよね。麗蘭で好きな曲って、実は公平さんが書いたものが多いかも。

私もあと2回(横浜と京都)ライヴが残ってます。
ともに楽しみましょう♪

投稿: ayako | 2007年11月25日 (日) 23時52分

私はアルバム「1+1」をまだ聴いてません。
もちろん手に入れてはいますが、今はライブの「麗+蘭」に集中したくて…。
アルバムを聴くのは、早くて大晦日、磔磔がよければ(余韻に浸るため)来年になりそうです。

投稿: 蘭芳 | 2007年11月26日 (月) 00時42分

お~っ、満を持してのレビューですね!いろんな人の感想を聞いてて思うんですけど、このアルバムはライブを体験してるかしてないかでかなり印象が違ってくるような気がします。僕はまだ東京の1回だけですが、やっぱそれでもずいぶん印象が違ってきましたからね。これはけっこうマニアックなアルバムだと思いますよ。

投稿: Y.HAGA | 2007年11月26日 (月) 21時44分

私もHAGAさんと同感です。
今回のツアーと切り離せない、セットのようなアルバムという気もしています。

投稿: Blue | 2007年11月26日 (月) 23時45分

★弘進さん
こちらこそ、ご無沙汰でしたあ~。
するすると脳みそに入ってきましたかあ~?(笑)
弘進さんの感じた『1+1』も、いつか聞かせてくださいね。
CHABOへの愛なのかはわかんないけど、贔屓なのは確かです。
弘進さんとアナム&マキ…イメージ通りだなあ~っ!

★ayakoさん
CHABOや麗蘭の作品やライブって、人によって感じ方が
すごく違ったりする気がします。
「光るゼブラのブギー」めちゃめちゃいいですよねえ~っ!

★蘭芳さん
すげえっ!ライブ終るまで『1+1』封印なんだあ~っ!
俺は仙台1本の予定なんで、終ったらみなさんのライブレポを
読み倒しに行きたいと思っておりますっ!

★HAGAさん
全然、満を持してないです…(笑)
HAGAさんのように、目の前で麗と蘭がギターを弾いてるような…
そんな感覚になる瞬間は、残念ながらまだないんですが、
聴く度にいろんな“色調”に変わる…そんなアルバムですよね。

★Blueさん
ライブと切り離せないアルバムか…そんな予感ありますね。
結果的にレコ発ツアーみたいですしね。
来月のライブ、いよいよカウントダウンが近づいてドキドキです。

投稿: RE2O | 2007年11月27日 (火) 04時56分

うっ。話題に乗り遅れてしまいました。。。
私もライブはまだなんですけど、ライブ体験後には楽曲に対して新しい印象が芽生えるかも?と楽しみにしています。CDだけでも繰り返し聴くと印象が変わってくる曲がありましたしね。
CHABOさんはDJイベントで選曲してくれる曲のジャンルが実に多岐に渡っていますし、公平さんも中島美嘉のツアーサポートをするなど、対応ジャンルを今なお広げている感じがします。だから麗蘭の今回の新しい試み、実は凄く楽しみです!
ライブレポ楽しみにしてますね~。

投稿: かーみっと | 2007年12月 1日 (土) 14時26分

★かーみっとさん
こちらこそレスが遅くなっちゃいました。
どんなアーティストの楽曲でも、今まで聴いた曲が
ふとした瞬間に違う色調を見せるときってあるけど、
CHABOや麗蘭の場合、特にその色調が濃い気がします。
いよいよ仙台ライブもカウントダウンです。
盛岡は雪も積もって、いよいよ年の瀬モード、
麗蘭モード全開…ってな季節であります。

投稿: RE2O | 2007年12月 4日 (火) 05時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110275/9108126

この記事へのトラックバック一覧です: 1+1 / 麗蘭:

» 1+1 / 麗蘭 [DOWNTOWN DIARY]
今月24日に発売された麗蘭待望の新譜です。僕は発売日当日の夜に購入しました。 今週の後半は、僕にとって「1+1 week」になってまして(笑)、既に15回ぐらい聴いたんですが、うーん、なんというか今までの麗蘭のアルバムにはなかった、非常に謎めいた香りを感じます。ある....... [続きを読む]

受信: 2007年11月26日 (月) 21時45分

« 三宅伸治 ロックンロールジプシーツアー / 2007年11月13日(火) 盛岡 Club Change | トップページ | 僕の見たビートルズはTVの中 »